相続・遺言・債務整理・不動産登記のご相談なら
奈良県橿原市の【奥田司法書士事務所】にお任せください。

よくある質問

事務所紹介

tel0744-24-8918

平日:9時~18時 ※土日も相談可能です。

  • 相続・贈与
  • 遺言(遺言執行者)
  • 遺産整理業務
  • 任意整理・個人再生・自己破産
  • 登記
  • 成年後見制度
  • 事務所案内

任意整理・個人再生・自己破産

任意整理とは

分割で3~5年程度を目安に返済していくことが可能な場合、裁判所を通さずに司法書士が債権者と直接交渉し、借金の減額を目指す手続き。
過払金の回収も同時に行うことができます。

任意整理のメリット

●司法書士から債権者に受任通知が届くと、債権者は取立てができなくなるため、精神的に楽になります。
(ご依頼後、すぐに通知します。)
●専門家に依頼してからは、支払いをしばらくの期間ストップできます。
 利息制限法に基づいて利息を計算しなおす(引きなおし計算)ので、借金の総額が減ることがあります。
●司法書士と債権者の交渉が終了するまでの間は、借金の返済をしなくてもかまいません。
●過払金があったときは、債権者に対してそのお金の返還を求めることができます。
●整理したい業者だけを選んで、整理することができます。

任意整理のデメリット

●信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)ため、以降5年から7年は新規借り入れができません。
 但し、過払金回収の場合は登録されないことがあります。
●債権者との取引が短い場合や借り入れの状態によっては、引きなおし計算をしてもあまり借金の総額が変わらない
 ことがあります。
●交渉の結果、債権者から「一括での返済」を求められることもあります。
●借金の総額が多く、収入から見て3年から5年で完済できないような場合、任意整理は難しくなります。

※上記の内容は概要ですので、詳しくはご依頼時にお問い合わせ下さい。

民事再生(小規模個人再生)とは

継続して収入のある人が、裁判所に申立てをして、3~5年で返済することを条件に、原則として借金の額を100万円または借金総額の5分の1または財産額(このうちの多い額)まで減額してもらう手続きです。

民事再生(小規模個人再生)のメリット

●マイホームを守る方法の場合は、住宅ローン以外の借金が減額されます。
●住宅ローンがある場合は、ローンの支払期限を延長できることがあります。
●将来利息なしでの返済ができます。
●宅地建物取引主任者・生命保険外交員・警備員・会社取締役などの資格を失いません。
●自己破産とは異なり、借金の理由が問われないので、「ギャンブル」や「浪費」であっても問題なく手続きをすすめ ることが出来ます。

民事再生(小規模個人再生)のデメリット

●信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)ため、以降5年から7年は新規借り入れができません。
●保証人がいる場合、保証人は一括請求を受けます。
●官報に掲載されます。
●手続きが複雑で、手続き終了までに長い時間がかかります。
●申立て費用以外に、裁判所が選任する再生委員への報酬が別途必要になることがあります。
●再生計画案どおりの返済ができなくなった場合、再生計画取り消しの可能性があります。

自己破産

経済的に苦しく借金の返済が難しくなった場合、裁判所に「借金を返済することができない」ことを認めてもらい(自己破産)、最終的に借金返済を免除してもらう(免責)手続きのことです。

自己破産のメリット

免責決定を受けると、借金の支払義務が無くなります。(非免責債権は除く)

自己破産のデメリット

●信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)ため、以降5年から7年は新規借り入れができません。
●退職金に関しては、将来もらえるであろう見込み額の8分の1程度(ケースによる)の金額を債権者へ支払う様に
 指示されることがあります。
●官報に掲載されます。
●保証人がいる場合、保証人は一括請求を受けます。
●不動産などの高額財産は失います。
●市町村の破産者名簿に記載され、市町村で身分証明書を発行すると破産したことが記載されます。
●一定期間、警備員・生命保険の外交員・宅地建物取引業者・税理士などの仕事に就くことができません。

※上記の内容は、概要ですので、詳しくはご依頼時にお問い合わせ下さい。

お気軽にご相談ください

新着情報

2013.05.30
スマホサイトを公開しました。

新着情報ここまで

事業所紹介

[住所]
奈良県橿原市八木町1-7-39
新生ビル2F
[TEL]
0744-24-8918
[受付時間]
平日:9時~18時
※土日も相談可能です。(要予約)

事業所紹介ここまで

よくあるご質問